やるならやらねば

お歳暮は皆に喜ばれるミカンを

次第に秋も深まり、もうすぐ11月。そろそろ年末のお歳暮に何を贈ろうかと気にし出している人もいるのではないでしょうか。

 

特に幼い子供がいるご家族向けにお歳暮ギフトを選ぶ際、やはり一番喜ばれるのが家族皆で食味を楽しめる果物でしょう。今年は西日本の夏の天候不順が心配されましたが、冬のフルーツの王道、蜜柑の仲間は幸いな事に出来は良く、お歳暮としても文句の無い味に仕上がっています。

 

瀬戸内各所や和歌山県有田等、有名ブランドが幾つも存在する温州ミカンは、今年もその甘みで贈り先のご家族を虜にする事間違いありません。多くの現地農家は早目に収穫して専用の室に入れ、成熟を調整してから出荷しますから、贈り先に届いた時点で食べ頃となり、食味に関する心配をする必要がありません。また同時にジュースやジャム・ママレード等の加工食品にも対応しており、こちらのお歳暮ギフトは鮮度自体の心配をする必要がありません。ミカンの皮が苦手という人でも、こちらならストレス無くその味を楽しめます。

 

これらギフトの予約は早目に行った方が、優先して良い形状の実が入る為有利となります。ちなみに熨斗紙やラッピングも無料サービスとなっているケースが大半であり、大変便利です。多くの人がリピーターとなっている魅力を伝えてはいかがでしょうか。

ちなみに、私が個人的に欲しいお歳暮は牛肉です(笑)http://お歳暮牛肉.net/にもあるように松坂牛が欲しいですよね。誰か贈ってくれないかな(笑)


カテゴリー:日記